REALIZE A DREAM オリンピックメダリスト増淵まり子 ピッチング・メソッド

2012年11月22日

増淵まり子投手も普通に中学からソフトボールをはじめた女の子でした

増淵まり子投手も普通に中学からソフトボールをはじめた女の子でした。
しかし、1つの出会いをきっかけにグングン上達し、夢だったオリンピックまで出場できるようになったのです。

REALIZE A DREAM オリンピックメダリスト増淵まり子 ピッチング・メソッド
そこで、そんなきっかけを一人でも多くの人に作ることができたら、と思いこのDVDを制作することにしたのです。

これからソフトボールを始めようと思っている人も、もうすでに経験のある人も、私たちが今までのソフトボール人生で得ることができたたくさんの喜びを味わってもらいたいという願いを込めて・・・
増淵まり子投手のピッチングの全て、そうです、100%公開します!

Realize a dream
オリンピックメダリスト 増淵まり子ピッチング・メソッド

選手がまず夢を持ち、それに向かって努力すること。
夢が叶うことを願ってこのDVDを作りました。

どんな競技でもそうですが、指導者がいることで上達します。

自分一人で研究したり、先輩に教えてもらった程度では、なかなか上達するようにはならないのです。
何百回、何千回と試行錯誤を繰り返したその道の専門家が指導することで、急激に上達するようになるのです。

勉強熱心な方には、本や雑誌をみて練習しようとする人もいます。
しかし、読んで「こうすればいいんだ!」と思うものの、実際にやってみると
「あれ?これでいいのかな?」と不安になることはありませんか?

それもそのはず。文字だけで学ぶことは不可能です。
「いや、本で勉強することは可能だ」とおっしゃるなら、次の文章を読んで、同じようにやってみてください。

キャッチャーに向かって1本の線を引いてください。
ライン上に肩幅に足を開き、左足は45度に開いてください。
右腕はライン上を回転するように。
左腕は肩の高さに上げてください。

いかがですか?
これを読んで自分ひとりで再現できるのでしょうか?

これはピッチング動作の解説でDVDでもこの通り話しているのですが、これに写真が付いたところで、細かい動きなど全ては理解できませんよね。いかがでしょう?
文字や写真で理解するのには限界があることをわかっていただけたと思います。

ソフトボールは、本や雑誌だけでは学べません。かといって、闇雲に投げ続けても上手くはなりません。実際に上手な人のやり方を目で見て、自分で同じようにやってみなければ、上達しないのです。
つまり、あなたに必要なのは、ピッチングの技術を目で見て、同じように真似することなのです。

私たちは今までの経験の中で、いろんなピッチャーや指導者に会い、新しい技術を見つけるたびに試行錯誤を重ねてきました。増淵まり子投手にいたってはオリンピックで銀メダルも獲得しました。
彼女のピッチングは最高レベルであると言ってもと過言ではありません。

事実、このピッチング・メソッドを学んだ方からは次々に
「見違えるほど球が速くなった。」
「変化球が投げられるようになった。」
という声が届いています。

そのピッチングを、じっくりとあなたの目で見て身につけたいと思いませんか?
そう、増淵まり子投手が今まで積み上げてきたメソッドを余すところなく提供してくれました。

ソフトボール上達指導法
野球 7日間スラッガー養成プロジェクト
posted by ソフトボール at 17:47| 長野 ☀| 中学からソフトボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。